ライター募集の求人を探す方法とは?

前のページへ戻る

スマホで求人を探す男女

なかなか見つからない求人

ライターという職種は少し特殊なものであるため、実際に求人を探そうとしてもなかなか見つからないということも珍しくありません。

求人誌や求人サイトから

そのため、どうすればライターになることができるのかと悩んでしまう人もいることでしょうが、基本としては最小に求人誌や求人サイトを利用して募集をしていないか確認をするというものがあります。
見つかりにくい職種ではありますが、やはり一番手っ取り早い方法としては求人誌や求人サイトということになりますから、最初はこのあたりから探し始めてみると良いでしょう。

企業のサイトから

求人誌や求人サイト探してみたけれども募集が見つからなかったという場合には、ライティングの仕事がある企業のサイトなどをチェックしてみるという方法もあります。

表立って求人は出していなくても、サイト上には常にライターの募集をしているというケースがありますからライティング業務のある企業、例えば新聞社であったり出版社と言った企業のサイトをチェックしてみて求人がないか探してみるというのも良いでしょう。

身近な業界の人に聞く

身近に業界の人がいるのであれば仕事が無いか聞いてみるというのも、探す方法としてはオーソドックスなものとなります。
人脈が重視されやすい世界だけに業界に携わっている人がいる場合には、そのような人に聞いてみるというのは効果的です。

どの業種にも言えることではありますが、コネというのは大きな武器になりますから知り合いに業界関係者がいるのであれば訪ねてみるのも一つの手となります。

クラウドソーシングも1つの手

最近はクラウドソーシングというものが注目を集めるようになっていて、ネット上でライティングの仕事を探すということもできます。

継続した仕事をすることができるかどうかは案件次第ということになりますが、単発の依頼であればライティングのしごと自体はクラウドソーシングサイトを利用すれば簡単に見つけることができるため、このようなところで仕事を探してみるという方法もあります。

単発の仕事であっても何回もこなしているうちに評価をしてもらうことができ、そこから正式なライターとして活動をすることができるということもあるので、クラウドソーシングサイトで仕事を探してみる方法もあるということを覚えておくと仕事にありつける可能性が高まります。

効率よく仕事を探す努力を

今の時代は普通の仕事を探すだけでも苦労をするものですが、ライターというのはどこで募集をしているのかも見つけにくいだけに余計に仕事を探すのに苦労をしてしまいます。
それだけにどこを探せば募集があるのかということを頭に入れて、効率よく仕事を探すことが大切です。

編集部 担当デスク A