ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

ライターの依頼は有名どころのクラウドワークスを活用する

前のページへ戻る

近くのカフェでパソコンを持ちクラウドワークスで受けた仕事をする男性

クラウドワークスとは

クラウドワークスは2011年に設立されたクラウドソーシング事業を展開してる会社です。
クラウドソーシングはインターネットで不特定多数の方に仕事を委託する事業ですが、クラウドワークスにはエンジニア、デザイナー、ライターなど100種類以上の仕事が得意なプロフェッショナルの登録があり、ホームページ作成やアプリの開発、チラシデザインなどの仕事を発注しています。官公庁や上場企業の仕事の実績もあります。

どうやって利用する?

仕事を依頼する側も仕事を受けたい側もまずクラウドワークスに会員登録をすることから始めます。
そして仕事を依頼する場合は、入力フォームに業務内容などを入力しクラウドワークスに委ねて応募を待ちます。
応募があれば契約条件の調整を行いお互いに納得すれば契約となります。

仕事を受注したい場合はクラウドワークスのホームページで受けたい仕事を探して見つかれば応募します。
その後は発注者と条件や内容の確認などをしてお互いに納得したら契約となります。
仕事に応じて「プロジェクト」「コンペ」「タスク」の3つの形式があります。
パートナーを選んで1対1でお互いに相談して進めていく場合には「プロジェクト形式」、複数の提案から気に入ったものを採用する「コンペ形式」、複数の人に一括して簡単な単純作業を発注する「タスク形式」があります。それぞれのメリットとしては、プロジェクト形式なら全国のプロから最適な人を選んで仕事を依頼することができるので安心なこと、「コンペ形式」ならたくさんの提案の中から選べるので高品質な提案がたくさん集まること、タスク形式なら短時間で報酬も安く仕事を依頼できることです。

その規模や認知度は日本一

クラウドワークスには現在会員数が139万人を突破しました。月間総契約数は日本一で認知度も日本一です。
上場企業を始め約10万社が仕事を依頼し、仕事の種類は246種類もあります。
簡単なレビューやブログ記事作成、データ入力などスキルがなくてもできる仕事からプログラミングスキルが必要な仕事まで様々あります。家事や子育てのすき間時間でお小遣いを稼ぎたい主婦や会社員として働いているくらいしっかり稼ぎたい人まで様々な人が会員登録をして仕事をしています。
退職後に趣味の旅行をしながら現地の写真などを使って仕事をしているという人もいます。
報酬は事前に仮払いがあり仕事が完了したら確実に報酬を獲得することができるので「本当に報酬が支払われるのか不安」という心配も不要です。
このように仕事を発注する企業や人と、受注したい人のマッチングをするのがクラウドワークスの仕事です。