ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

ライター業の仕事を探すならクラウドマッチングサイトを活用する

前のページへ戻る

クラウドで仕事をしようと図書館で勉強する天才系の男の子

クラウドマッチングサイトのススメ

ライターのお仕事に興味を持たれた方は、どこで仕事を探せば良いのか、どこで仕事を行えばよいかなどがわからないという方もいるでしょう。初心者の方ですと、インターネット上で仕事をやり取りできるクラウドマッチングサイトの利用をおすすめします。

クラウドマッチングサイトはいくつかあり、サイトによってもそれぞれの特徴があります。幅広いジャンルのお仕事を取り扱っているサイトもあれば、主にライティング案件を扱っているサイトも存在します。
幅広いジャンルのお仕事を取り扱っているサイトでは、ライティング案件も豊富に取り扱われており、ライティング以外のお仕事をすることもできます。

仕事の種類

お仕事の案件としては、タスクとプロジェクトの主に二つに分けることができます。
ライティングで例えると、タスクは一記事単位のお仕事の募集となり、プロジェクトは複数のまとまった案件の募集となります。まとまった案件だけでなく、長期にわたってクライアントに依頼される記事を書く場合もあります。初心者の方は、プロジェクトよりもタスクの記事を書いていき、ライティングの力を磨くのとサイトに慣れるようにしていくようにしましょう。
タスクの作業に慣れてきたらプロジェクトに応募をして、自分に合ったクライアントを見つけていくようにします。主にライティング案件を扱っているサイトでは、プロジェクトではなく一個単位のタスクで募集されているサイトがほとんどとなります。

単価の高い仕事のために

優良なライターになると、単価の高いお仕事をもらえることもあり、サイトで行われているライティングのテストなどを受けて、それに合格をすることで単価の高い仕事をもらうことができます。ライティングに自信があるという方は、そちらのテストを受けてみるというのも良いでしょう。サイトによってそのようなテストを行っていないところもあるので、まずは複数のサイトに登録をしてサイトの特徴を確かめてみるようにします。ライター業を行っている方は、一つのサイトではなく複数のサイトに登録をして、使い分けている方も多いです。

報酬をもらう=ミスのない仕事ができる

記事を書いて報酬をもらうことができますが、記事の内容が剃れていたり、文章がなりたっていないと承認されることはなく、承認されない場合は報酬をもらうことができません。ライターを始めた頃は承認されない記事も出てきてしまいます。初心者の方で多いのが単純なミスや書き間違えなどがあるので、記事が完成した際には何度か見直しを行うようにしていきましょう。