ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

プロのライターになるならライター講座を利用しよう!

前のページへ戻る

講座で出された宿題を仲間同志で勉強するライターの卵

みんなが”ライター”?

ライターという肩書きは、実は誰でも名乗ることができます。
有名な雑誌などで記事を書いている人もそうですし、インターネットで仕事を受けていろいろな記事を書いている人でも名乗ることができます。個人でブログに記事を書いていて、アフィリエイトでお金を稼いでいるという人もそうですし、お金などを稼いでいなくても毎日のようにSNSなどで情報を発信している人も大きな枠で考えるとライターといえるかもしれません。

プロとしての”ライター”には簡単にはなれない

しかし職業として考えると、プロといわれるようになるのはなかなか難しいのではないでしょうか。
出版社や情報を発信しているメディアから仕事をもらうのは大変ですし、雇う方も何も実績のない人にはなかなか仕事を回してはくれません。

手段としてのライター講座

そこでプロになるための手段の一つとして、ライター講座を受講して資格を得るという方法があります。講座を受けると基本的な文章の書き方を教えてもらうことができます。
ライティングをする時の注意点や基礎知識、業界についての一般的な常識などを学ぶことができます。
それと一緒に文章を書くだけでなく、編集の仕方などただ文章を書くだけでなく、編集する側の知識を得ることができるので総合的にレベルアップをすることができるでしょう。

またライティングだけがライターの仕事ではありません。
ヒットする物はどんなものなのか、アイデアや企画力など雑誌や書籍、インターネットなどで注目を集めるための企画力や発想力を鍛えるための講座も受けることができます。

情報を発信する上で非常に重要になってくるのが情報収集能力です。この能力があるかないかで、書くことができる記事の深さが変わってくるといえるでしょう。
講座ではこういった情報を収集するためのテクニックも学ぶことができます。取材をした時に相手からどんな話を引き出すことができるのか、また何を見てどういった情報を得ることができるのかといった情報収集能力は文章を書く上でも非常に重要なテクニックだといえるでしょう。

基礎を知ったうえで仕事へつなげる

このようにライター講座を受講すれば基礎的なテクニックをすべて学ぶことができます。またこういった勉強をしているという実績が仕事をえるときのアピールポイントにもなりますので、仕事を得やすくなる可能性があります。

ライティングに関しては資格もあるので、受講して資格を取得してみると相手へのアピールポイントにもなってより良い仕事やギャラのアップにつながっていくのではないでしょうか。