ライター資格の種類!最も人気のライター種類ベスト3

前のページへ戻る

資格の勉強をする女性

職業としてのライター

世の中の様々なトピックを集め、多くの人に向けてわかりやすく、または興味深い形に構成し直して発信するのが、ライターという職業です。
かつては新聞記者や雑誌記者など限られた媒体で活動する人のことのみを指し示す言葉でしたが、現代においてはその定義や活動範囲も大きく広がり、仕事の裾野自体も拡大しています。
その活動内容を後押しし、知識やスキルが確かなものであることを示す資格も登場し、職業としての認知度にも変化が現れています。

ウェブライターのスキルを表す資格

これらは特にウェブライターと呼ばれる、インターネット上に展開される情報に特化した文章を書く人に向けたものであるという特徴があります。
一般的な文章とは違い、インターネット上のコンテンツとしての文章にはいくつかの独特な機能が備わっている必要があり、この点に関する知識やノウハウが含まれるのがこれらの資格の重要なポイントです。

Webライティング能力検定、Webライティング技能検定、Webライティング技能士検定、という三つの資格があり、これらがこの領域における人気のベスト3であると言えます。

一般的な文章力はもちろんですが、インターネットにおける文章には、よりアクセスしやすく、検索した時に的確な形で表示されるためのテクニックが存在します。

この法則を踏まえたうえで内容のしっかりとした文章を書くことが、ウェブライターとして必須のスキルとなるのです。

情報発信して的確な相手に届けることが重要

オンラインのコンテンツは無料で配信されているため、いつ、どこで、誰の元に届くのかが特定しにくい状況です。
これは、目的を持って、お金を支払って雑誌や新聞を購入するという従来のメディアにおける情報とは全く違う状況で、このために、企業や個人が発信する情報がより的確な相手に届くためのテクニックが必要になってきます。

また、炎上と呼ばれる独特の現象に対するテクニックも欠かせないものです。
炎上とは、情報が間違った形で解釈されてしまったり、ほんの些細な言い回しが誤解される事で、その情報に対して苦情が発生し、大きく拡散してしまうことです。
これは企業や個人のイメージを著しく損なうことにも繋がるため、情報発信者としては避けなければならない事態のひとつです。

これらの資格を保有することで、炎上を避けるノウハウも身に付けることができます。
この様に、ウェブライターと呼ばれる新しい形の文筆業は現在では特に人気があり、いくつかの認定資格によってもその価値を保証されています。

編集部 担当デスクB