ライターになるには

前のページへ戻る

WEBライターはどんな仕事?

基本的な仕事は、大きく2種類に分かれます。1つは、「自分が好きなものを書く仕事」です。
そもそも、特別な資格や経験が必要な仕事ではないので、「今日からなる」と宣言してしまえばその時点から始めることができます。

もちろん、他社に宣言する必要性はなく、自分自身で「なろう」と思えば完結します。そのため、誰かに何かを強要される必要はまったくありません。自由に、自分がしたいことをすることができます。

例えば、「ダイエット」に興味がある人ならば、ダイエットに関するコンテンツを「WEB上」で作成します。
分かりやすく媒体を言い換えると、「ブログ」「WEBサイト」でコンテンツを作成する訳ですが、不特定多数が閲覧できる形の日記や備忘録を作成しているだけです。

良いコンテンツを生み出せるかどうかが鍵

しかし、単に自己満足できるコンテンツを作成していれば良いというわけではありません。見る人が「良いコンテンツだ」と評価してくれなければ、そのコンテンツが収益を生み出すことはありません。
多くの人が納得できるコンテンツを作成することによって視聴者が集まり、そのブログやWEBサイトに「広告を掲載するスポンサー」が出てきます。
そして、スポンサーから広告料をもらうことによって安定した収益を得られるようになります。

また、良質な記事を書ける事が出来れば良いというだけではなく、安定した収入を得る場合、記事の量も求められます。
大手のWEBメディアサイトは1媒体に100記事〜1000記事以上の記事を掲載しており、それにより多くの閲覧者を確保出来る形となっています。
ライターとして継続して行く上では、記事をどれだけ生産出来るか、筆の速さ等も影響してきます。

受注して書くという方法も

もう1つは、「他社に要求されて書く仕事」です。自分で好きなコンテンツを作成し、集客、販売をしていく必要がないく、作成したコンテンツごとに報酬が得られます。
事前に1コンテンツいくらになるのかを交渉して作成する場合と、あらかじめ決められた報酬と条件で「応募」する形もあります。

作成するコンテンツの内容を自分で考える必要がない場合もあるので、何かに特化した専門的な知識や経験を持っていなくとも問題ありません。
また、この形式には「クラウドソーシングのタスク方式」という選択肢があります。タスク形式では、不特定多数からコンテンツを募集し、基本的な条件をクリアしているものに対して報酬を支払うという仕組みです。
基本的な条件には、文字数やジャンルの特定等がありますが、数十字から作成することができるので、学生や主婦でも簡単に始めることができます。

ライターを続けて行く中で、自分がどの記事の分野に特化しているか分かる段階になれば、その種類の記事について応募を行い、生産性の高い記事と報酬を得る事が出来ます。