ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

発注主が求める記事とは

前のページへ戻る

ライティングの仕事を待つ女子

ライティングでお仕事する際に、ユーザーの事を考えるのはもちろんの事、発注主の企業の気持ちを考えていますか?

なぜ企業が記事を発注するのか

現在、マーケティングにおいてウェブメディアはとても重要な役割を担っています。
認知度の低い商品や会社の宣伝をするには、多くの労力と時間と、広告費を必要とします。今までの手法に比較すると、ウェブメディアを活用した間接的な宣伝は低価格で効果的です。

アドワーズ広告のような即効性は無いものの、記事がウェブ上にあり続けるだけで、ユーザーに求められる記事であれば数年間はSEOとして効力を発揮します。
ロングテールの広告として、少しずつユーザー(記事を見る人、発注主の潜在顧客)に記事を発信している会社や商品の認知度を上げて、最終的には商品購入などの成約が期待出来ます。

乱暴に言ってしまえば、記事は多ければ多いほど有利です。そして質が高ければ高いほど、ユーザーに読んで貰えてPVが上がり、結果問い合わせが増えて成約につながります。

企業は、ただ記事が欲しいのではなく、自社の商品やサービスに最終的に繋がって欲しいため、記事を書く時は発注主である企業が何を求めているか、想定する事は最低限必須です。

レビューではないお役立ち記事の場合、一人称は避ける

企業が求めない記事の一例として、「自分視点の記事」を挙げる事が出来ます。

・私は◯◯と思います
・私は◯◯でした

このような文体の記事はよくありません。(不特定多数のレビュー記事等は除きます)
ライターに記事を発注する場合、ライターの個人名を出すか、匿名で出すか、2つのパターンに分かれますが、今多く求められているのは後者のものです。

発注主は、情報発信を多くしたいものの、社内のリソースがないためライターに依頼しています。出来上がる記事はあくまでも、発注主の声、発注主の情報として期待しています。

それが一人称、名前が出ていない「私」という言葉を使ってしまいますと、見ているユーザーは「あなたはそもそも誰?」となってしまいます。

企業側が、ライターとして任意の名前をつけたりキャラクター付けして出している場合は良いですが、企業の声として情報発信している場合が多く、誰だか分からない「私」が出てくると、ユーザーは混乱します。

受注する時にそれがわかっていれば良いですが、クラウドソーシングサービスではそうはいきません。
そのため、新聞の記事のように、書き手主体の意見ではなく、客観的事実や数値をもとに書く記事の方が好まれます。

発注主は記事の質を求めだした

SEOの常識は日々変わり、昨今ではより質の高い記事が有利になってきています。
少し前までは、圧倒的記事量を誇るサイトが有利な状況でしたが、少しずつPVよりも質が重視されるようになっています。

更に、サイトのユーザーはもっと記事の質を重視するようになりましたので、内容が薄く文字数を増やすだけの記事や、情報が遅い記事、どこかにあるような情報、コピペ記事などは忌避されています。
結果として、記事量が多くても質が低いサイトは、あまりSEOが伸びません。

発注主の気持ちを考えて書くようにする事で、納品後の否認も減っていきますし、何より発注主、企業に喜ばれるようになります。

ただ書けば良いライティングから、ライターの個性を活かしたブランディングへ

ウェブライティングサービスが増え、ウェブライティングがお仕事として認められるようになる中で、量ではなく質、つまり記事の魅力が重視される時代になっています。

記事の魅力は文章の良さだけではなく、「書き手の魅力」も重要です。

このライターの記事は、同じ事を書いても面白い、文章は変だが惹きつけるものがある、等など、今後のウェブライティングは「ライター自身のブランディングと魅力アップ」が重要になってくると思われます。

ウェブでの拡散力が強い「インフルエンサー」に企業からの広告依頼が殺到するように、これからのライター業も、インフルエンサーのように影響力を持つ存在へと昇華すべきです。

ライターズスクールでは、そのような市場の変化、発注主の要望の変化も鑑み、どのようにすればライターのブランディングが出来て、発注主に求められる存在になるのかを、継続して情報発信していきます。