ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

ライター翻訳のお仕事とは?英語翻訳ライターを解説

前のページへ戻る

仲間同士で図書館で翻訳の勉強する男女

翻訳ライターとは

翻訳ライターとは、外国語の文章を日本語に訳して文章にするお仕事となります。
外国語としては英語が多く、文章の内容としては様々な書籍や音楽の歌詞、映画の字幕などが挙げられます。
文章を見て訳すお仕事だけでなく、音声を訳すお仕事もあります。ただ訳すだけでなく、わかりやすい文章に仕上げなければならないため、英語の知識だけでなく表現力と、文章をすぐに判断する能力も求められます。

翻訳ライターになるには

翻訳ライターには特に必要となる資格などはありませんが、英検1級などの資格を持っているとフリーの方は仕事をもらえる可能性は高くなります。企業に応募する場合も、就職に有利になるため、翻訳のお仕事を目指す方で英語の資格を持っていないという方は資格の取得を検討されたほうが良いでしょう。

翻訳を学ぶために

翻訳に必要な学力を学ぶ方法としては、翻訳学校に通う方法と、独学で学ぶ二つの方法があります。

翻訳学校としては、通学して習うこともでき、通信で習うこともできます。社会人の方や費用を抑えたいという方は翻訳学校の通信を利用することがおすすめとなります。

独学としては、本屋でも翻訳に関する書籍はたくさんあるので、それらを購入して知識を身に着けていくことになります。英語の知識がほとんどないという方は、中学高校で使った教科書を読んで勉強をするというのも良いでしょう。

仕事のしかた・探し方

翻訳のお仕事は企業に勤めてお仕事をする場合もありますが、企業に雇われることなくフリーでお仕事を行うフリーランスの方が多いと言われています。報酬としては、日本の記事であるライティングと同様に専門性が高いほど単価は高くなっていきます。専門性が高い文章としては、医療や法律などがあります。

翻訳のお仕事の見つけ方としては、仕事をもらうために翻訳会社に登録をしなければなりません。翻訳会社の探し方としては、インターネットで検索をして探すと出てくる場合もあります。

効率の良い探し方としては、翻訳会社を多く取り扱っているサイトを利用する方法となります。
日本翻訳連盟の公式サイトがあり、こちらのサイトには翻訳の求人を検索することが可能なため、翻訳ライターを目指している方はこちらを利用して探すようにしましょう。

翻訳の仕事をインターネットで受注するために、クラウドソーシングのサイトを利用するという方法もあります。
クラウドソーシングのサイトでは様々な仕事の案件があり、翻訳に関するお仕事も募集しています。一個単位の仕事の募集も良くされているので、翻訳の仕事の経験を積むためにも良い手段となります。