ライターになるには?ライターになるための知識

前のページへ戻る

ライターの勉強をしている女性

ライターとは

ライターには、WEB上で文字を書く場合と、新聞などの媒体で文字を書く場合とがあります。近年ではインターネットの環境が整い、様々な人が瞬時に知りたい情報を得ることができるWEBの割合が増えてきています。
ライターは資格がないので誰でもなることができる職業です。特にWEBの場合は、試験などもなく、気軽に始めることができるので、主婦や育児中の女性にも人気があります。

仕事内容

仕事内容としては、文章をライティングしていきますが、取材を実際に行い調べ、まとめるもの、医療など専門分野を生かしたもの、リライト、原稿作成のお手伝い、ホームページ更新作業、メルマガ作成、といったものがあります。

取材の場合は実際に現地に赴き、人に取材をしたり、催し物やお店の紹介記事を書いたりといったことを行います。遠方であれば電話で取材をすることもあり、インターネットを利用しても取材をすることもありますが、いかにその場所やお店の魅力を引き出すか、興味を持つ内容を知り、書くことができるかがカギとなってきます。

このようにいつでも誰でもなることのできる仕事ではありますが、ライターになるには、調べてまとめる能力と、人と人との会話から引き出すコミュニケーション能力、専門分野での知識、記事を納品するスピードといったものが必要となります。

特に専門分野は、すでにあるインターネット上の情報をうのみにして書くことはできないので、より慎重さが必要となります。リライトを行う場合もあらかじめある記事を自分の言葉や文章で表さなくてはならないので、慎重さと、豊富なボキャブラリーが必要になります。

ライターになる方法

ライターになるには、知り合いに紹介してもらう、自分自身がWEBライターと名乗り実績を発信する、プロの方に教えてもらう、専門のサイトにて登録をする、といった方法がありますが、専門サイトであるクラウドソーシングを利用し開始をするのが近道となります。クラウドソーシングでは、実績を積むことで依頼主との信頼関係を築くこともでき、より仕事としてとらえることができます。

まず「書く」スキルを上げること

まずは、書くことに慣れ、決められた時間の中でいかに質のよいものを書き上げることができるか、ということを意識するようにします。
書けば書くほどボキャブラリーも増える他、書くというスキルもあがっていきます。なお、書き終わった後には本当にその情報が正しいのか、読み手に伝わるのかしっかりと確認をすることも大切となってきます。

編集部 担当デスク A