ライター業で契約する基本契約書とは?

前のページへ戻る

企業同士で契約を結ぶために署名する手

契約内容はしっかり確認を

フリーランスでライターとして働いている場合に、業務委託契約を結びたいと言われる可能性があります。しかしうれしさのあまりそのまま基本契約を結んでしまった場合、しっかりと確認を行わなかったために、不利な内容で契約してしまうことも考えられます。そのため契約する際に、確認しておきたい契約の内容について、きちんと知っておく必要があります。

フリーランスのライターとして仕事をしていると、収入が不安定であるので、一定の収入を得られるチャンスでもある業務委託契約は、魅力的なものと言えるでしょう。しかし契約を結びたいといわれ、契約の内容を確認せずに、契約してしまうのは、やめた方がよいでしょう。
フリーランスのライターは、会社が守ってくれるわけではないので、自分で自分の身を守らなければなりません。
契約書の内容が、必ずしも自分にとって有利な内容とは限りません。そのため契約書に書いている内容はすべて確認し、疑問に思った点や心配な点はすべて解消させてから契約しなければなりません。

業務委託契約とは

そもそも業務委託契約とは、企業同士で行われることが多いものです。会社と個人で業務委託契約を結ぶ理由としては、会社が専門性の高い人材を確保できるというメリットにあります。
また企業にとっては人件費を節約できるという大きなメリットにつながります。
もしも会社と個人の間で労働契約を交わした場合には、社会保険や雇用保険、有給休暇などが必ず発生することになります。しかし業務委託契約を行った際には、これらは一切発生しません。会社にとって非常に有利な契約になるので、契約の際には十分気をつけなければなりません。

契約の基本=業務委託基本契約書

契約の際にどんな基本契約書が必要になるかと言うと、業務委託基本契約書を取り交わすことになります。
これは企業と個人の間で同じ取引きが何度も行われ、長期にわたり関係が持続しそうな場合に、取引き全体に共通する基本的なルールを記載するものです。この基本契約書に記載されていることが、契約のすべての基本となるということです。

契約書には契約の目的や業務内容、契約期間、報酬の支払い方法などについて記載されています。
著作権が絡んでくる場合には、権利や義務の譲渡について記載がある個性もあります。
仕事が終わった後にトラブルに発展しないように、確認しておくようにしましょう。

収入印紙も大事

また契約の際には必ず収入印紙が必要になります。収入印紙の有無で契約の効力が変わることはありませんが、収入印紙がない場合には、刑罰規定の対象にもなりかねないので、貼ってある印紙の額があっているかどうかも確認するようにしましょう。

編集部 担当デスクB