WEBライターってどんな仕事?副業・主婦にもオススメ!

前のページへ戻る

Webライターになりたくて悩む女性

WEBライターはどんな仕事?

「WEBライター」とは、いわゆる「作家」に近い存在です。

自分が書きたいと思ったものを書き、それによって報酬を得ている人、職業を指してこのように呼びます。

これまで、「ライター」と読んだ場合には雑誌編集者、記者などがイメージされることがほとんどでしたが、インターネットコンテンツが充実したことなどが影響し、今では積極的に「WEB」ライターとして働こうと思う人も増えています。

基本的な仕事は、大きく2種類に分かれます。
1つは、「自分が好きなものを書く仕事」です。そもそも、特別な資格や経験が必要な仕事ではないので、「今日からなる」と宣言してしまえばその時点から始めることができます。

もちろん、他社に宣言する必要性はなく、自分自身で「なろう」と思えば完結します。そのため、誰かに何かを強要される必要はまったくありません。自由に、自分がしたいことをすることができます。

例えば、「ダイエット」に興味がある人ならば、ダイエットに関するコンテンツを「WEB上」で作成します。分かりやすく媒体を言い換えると、「ブログ」「WEBサイト」でコンテンツを作成する訳ですが、不特定多数が閲覧できる形の日記や備忘録を作成しているだけです。

しかし、単に自己満足できるコンテンツを作成していれば良いというわけではありません。見る人が「良いコンテンツだ」と評価してくれなければ、そのコンテンツが収益を生み出すことはありません。

多くの人が納得できるコンテンツを作成することによって視聴者が集まり、そのブログやWEBサイトに「広告を掲載するスポンサー」が出てきます。そして、スポンサーから広告料をもらうことによって安定した収益を得られるようになります。

もう1つのは、「他社に要求されて書く仕事」です。自分で好きなコンテンツを作成し、集客、販売をしていく必要がないく、作成したコンテンツごとに報酬が得られます。事前に1コンテンツいくらになるのかを交渉して作成する場合と、あらかじめ決められた報酬と条件で「応募」する形もあります。

作成するコンテンツの内容を自分で考える必要がない場合もあるので、何かに特化した専門的な知識や経験を持っていなくとも問題ありません。また、この形式には「クラウドソーシングのタスク方式」という選択肢があります。

タスク形式では、不特定多数からコンテンツを募集し、基本的な条件をクリアしているものに対して報酬を支払うという仕組みです。数十字から作成することができるので、学生や主婦でも簡単に始めることができます。

編集部 担当デスク C