ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

文章が苦手でもOK!今からWEBライターを目指す人へ

前のページへ戻る

Webライター目指して勉強し始める女性

文章が苦手でもしっかり練習する事が大事

WEBライターという仕事を知り、実践して収入を得たいと考えていてももともと文章を書くことが苦手であるために二の足を踏んでいる人もいるはずです。
しかし、WEBライターは文章が苦手な人でもしっかり練習して臨めば収入を得ることが出来るのです。
まず、文章が苦手ということを克服しなければなりません。

苦手なままライティングを続けても質の高い記事を書くことが出来ず辛い時間が続くことになります。小説や雑誌でも構わないのでプロが書いた文章を数多く読んで、正しい文章構成を学びましょう。

また、文章を読みながらライティングサイトをチェックし、案件として依頼されている記事を確認して練習します。
この段階で実際に投稿してしまうと不採用になる可能性が高いため、あくまで練習にとどめておくべきです。

読者を意識した文章を書こう

さらに大切なことは、読者に読んでもらうことを意識して記事を書くということです。そのためには読者が知らないことまで書くことが大切です。
誰でも知っていることをただ文章にしただけでは読んでもらうことが出来ません。
そういった内容の記事を投稿しても、クライアントが求めている記事ではないため却下されてしまいます。

そこで、記事を書く案件を自分が知識を持っているジャンルに限定し、さらに内容について自分の知識だけではなく調べて書くことを徹底します。すると、意外と自分が知らなかったことが見つかり、より中身の濃い記事を書けるようになります。
この段階まで来ると、投稿した案件が高い確率で採用されるようになるはずです。
そこで気を抜かず、常に知識を求め質の高い記事を書く姿勢を失わないことが大切です。

タイピングの速度と正確性を上げることも重要

加えて、タイピングの速度もWEBライターとしての収入に影響します。
自分の思考にタイピング速度が追いつかないと執筆内容があやふやになったり、変換ミスが増えます。

タイピング練習ソフトを使ってタイピングの速度と正確性を上げることもWEBライターとして必要なことなのです。

私も学生時代は文章を書くことが苦手でしたが、現在は家事の合間にWEBライターとして記事を投稿し収入を得ています。投稿を始めた当初は文章構成が下手で不採用となることもありましたが、勉強をして経験を積むことで不採用の数が減っていました。

さらに、投稿する前に必ず書いた文章を読み直し、違和感がある部分を修正すると質が高い文章を書き上げられるということに気付いてからはほとんどの記事が採用されるようになりました。