ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

メリットがたくさん!学生のバイトにもライター業はもってこい!

前のページへ戻る

アルバイトを考えてノートにメモする学生

WEBライターは学生にオススメの仕事

学生の方でアルバイトを探しているという方は、パソコンやスマートフォンで仕事を行うことができるウェブライターがおすすめとなります。仕事内容としては、記事を書いて納品することで報酬をもらえるという仕組みになっています。

報酬の相場としては、一文字0.2円から0.4円ほどとなっています。1000文字の記事を書いた場合ですと、200円から400円程度の報酬を得ることができます。

学生にライター業がオススメの理由とは

ライター業はインターネットがつながる機器があればどこでも行うことができるので、勉強で忙しいという学生の方にもおすすめなものとなります。

おすすめの理由としては、まず通常のアルバイトのように時間に縛られないということです。大学生や専門学生の方は、平日は授業がありますし、学校によっては途中で授業の時間が増えるということもあります。

そのため、アルバイトに通えなくなってしまったという方もいます。授業の他にもサークルや体育大会、学園際、文化祭などのイベントがあると、アルバイトの時間や勤務日を調整しなければならないという手間もあります。

ライターの場合は自分の好きな時間に記事が書けるので、空いている時間を利用して仕事を行うことができます。他にも、文系の学校に通っている方は、記事を書いていくことで文章能力を高めることができます。

お金をもらうだけでなく、学校の授業に役立てたいという方にもおすすめとなります。

クラウドソーシングを利用して仕事を始めてみよう

記事としては、クラウドソーシングサイトと呼ばれるものがあり、そちらに登録をすることで仕事を始めることができます。

クラウドソーシングサイトにも種類があり、主に記事の案件を扱っているサイトもあれば、記事の他にもデータ入力やテープ起こしの案件も扱っているサイトもあります。

ライターメインでお仕事をするという場合は、記事を中心に扱っているサイトのほうが案件が豊富なため、そちらで登録をしたほうが良いでしょう。

記事の書き方としては、全部自由に書くというわけではなく、書いていくためのキーワードが決められているので、そちらに従って書いていきます。キーワードの他にも指定されたルールなどもあるので、そちらを守って記事を書いていきます。

書いた記事はクライアントやサイトの担当者が承認しないと報酬をもらえないため、承認されないものは報酬がもらえないという仕組みになっています。

始めてみないとわからない点も多いと思いますので、まずは作業を行ってどのような感じのものかを確かめてみるというのも良いかと思います。