稼ぐ人の文章はここが違う。押さえるポイント3つを紹介!

前のページへ戻る

ノートパソコンを使ってライターの仕事をしている手

稼ぐライターは他と何が違うのか

大きく稼いでいるライターと稼げていないライターの文章には共通して違うことがあります。

まず押さえるポイントとしては、読み手のことを考えて、伝わりやすい文章で構成されているかとなります。記事を読む方はさまざまで、知識がある方もいれば、あまり知識がないのに記事を読んでいるという方もいます。

記事を書く時には読む方の全てに伝わるように文章を書いていきます。

初心者にありがちなことは、文章が長すぎたり短すぎたりするということです。短い文章ですと、読んでいる方に伝わりにくく、長い文章だと理解づらいこともあり、読んでいる途中で飽きてしまったり、読み飛ばされてしまうこともあります。

記事を書いた後は文章をしっかり見直そう

わかりやすい文章の他にも、正しい文章を使用しているか、誤字脱字はないかというのもポイントの一つになります。誤字脱字は記事を書く方の最低限のルールとなるので、記事を書いた後にはしっかりと文章を見直すようにしましょう。

時間がもったいないと思うかもしれませんが、きちんと仕事をするためには見直す時間を設ける必要があります。

間違った文章としては、読点を使いすぎている、語尾が統一されていない、長い言い回しなどがあります。
読点は単語や主語、述語ごとに付けてしまっているという方もいますが、文章と文章を分けるために使うということを把握しておきましょう。

また、読点は主語の後に打つというのも正しい使い方となります。様々な商品や名称を書くときにも、語句の後に読点を打っていきます。

語尾としては、ですますとであるの終わり方がありますが、混在されているという方もいます。
そちらを統一するようにするのと、同じ語尾を連続で使用してしまうと、くどい文章となってしまうため、同じ語尾は2回以上使用しないようにしましょう。

記事の内容がぶれない事も重要

わかりやすい文章、語尾の他にも、稼いでいる方が気を付けていることは、一つの文章を明確にするという点です。

ライターは指定されたキーワードに沿って記事を作成していきますが、書いている内に内容が少しぶれてしまったり、内容が無い文章を書いてしまっていることがあります。
記事を書く際には、最初から最後まで決められた、決めた内容を書いていくようにしましょう。

記事の内容がぶれてしまうという方は、ぶれないコツとして、最初に見出しを作成していき、それに沿って文章を書いていくという方法があります。見出しを禁止している案件もあるので、記事を全て書いた後には見出しを消すようにしましょう。

編集部 担当デスク C