作業時間短縮に効果アリ!タイピングを鍛えよう

前のページへ戻る

タイプライターでタイピングが速く記事を作成する手

効率よく記事を書くためにタイピングを鍛えよう

クラウドソーシングなどでWEBライティングをする場合、一つの案件の単価が安いことも多いため数をこなすことが高収入を得るための重要なポイントになります。より多くの案件をライティングする際に求められるのがタイピング速度です。

クラウドソーシングとはいえ、ライターとして記事を書き報酬を受け取るのであれば誤った内容や他の記事からの転載は許されません。

そのため自分の頭で考えた内容を書くことが必須となりますが、考えている内容を実際に入力する際にタイピングが追いつかないと非常にストレスが溜まります。
頭の中では文章が出来ているのに、タイピング速度が遅いせいで一つの記事を書くのに時間が掛かってしまうのです。

また、ミスタイプが多いとその修正に手間取り、考えていた内容を忘れてしまうことがあるほか、ミスタイプしていたことに気付かなければ苦労して書き上げた記事を投稿しても不採用になってしまうのです。
そういったことを避けて作業時間を短縮するためには、タイピングを鍛えることがおすすめです。

タイピングの練習方法はどうすれば良いか

タイピング速度を速める方法はただ一つで、ひたすら練習するしかありません。
しかし、練習方法は多岐にわたっています。まず挙げられる練習方法は、書籍やインターネットの記事を文章作成ソフトでそのままタイピングすることです。

この方法は地道な努力が必要になりますが、書籍や記事を読むことによって知識を身に付けながらタイピングの練習が出来ます。その際はミスタイプや漢字変換のミスを減らすことを意識することを心がけましょう。

楽しみながら練習をしたい場合は、タイピング練習ソフトを使ったトレーニング方法があります。
タイピング練習ソフトはその名の通りキーボードでのタイピング入力を練習するソフトウェアですが、ただ文字を入力するのではなくゲーム性に優れていることが特徴です。

回転寿司のように流れてくる文字を入力したり、文字を入力することで迫り来るゾンビを倒すものなど豊富な種類があり、好みに合わせて選ぶことが出来ます。
インターネットで無料公開されているソフトもあるので、色々と試してみると好みに合うものを見つけられます。

私もWEBライティングで記事を作成する速度を上げるためにタイピングを鍛えました。も
ともとゲームが好きだったため、文字入力で技を繰り出す格闘ゲーム風のソフトを使って練習したところ、楽しみながらタイピング速度を上げることが出来たのです。
タイピング練習ソフトは飽きやすい人にも特におすすめです。

編集部 担当デスク C