ライターは記事が命!オリジナルライターで売り上げ倍増!

前のページへ戻る

オリジナルの記事を書くための道具

注目を集められる記事を書けるか

ライターは、読み手にとって興味を持たせて、じっくりと内容を熟知してもらい、楽しんでもらう事が仕事です。
ただ文字だけを書くのであれば誰にでも出来ると言っても過言では無いのです。
特殊な能力を使い、同じ内容の文章でも、気を引かせられるかにより、ライターの実力が変わって来るのです。
短文であれば、キーワードを中心とした物だけを書くようになり、何を説明したいか、興味を持たせたいのかだけを考えれば簡単に文章を作り出す事が出来ます。

記事の伝え方は千差万別、でも面白い記事はまた別

しかし長文になると、同じ事の繰り返しが多くなってしまうのも確かです。一つの話題を文書に変えて使える事は、まとめてしまえば、100文字程度で終わってしまいますが、同じ話題を1000文字や2000文字でまとめてくれと言う場合には、話題に関する予備情報も必要になるのです。

読み手に面白く内容をつたえる事と、詳しく誰が読んでも解るようにして行かなくては、興味を引く話題であっても誰も読んでくれない、また見向きもしない状態になる事も考えられるのです。

売り上げに直結する記事も

実際にオリジナルライターが、作った記事が面白く興味を引いて、販売部数も増え売り上げが倍増した事もあるのです。たまにあるのではなく、頻繁に起こる事もありますし、記事を書くライターが、面白いからと言った理由で、いつも記事を読んでいる読者もたくさんいます。嘘は書けませんが、本当の事を、難しい言葉や専門用語ばっかりを並べて文章を作ったとしても、意味が途中で解らなくなってしまい、その場で記事を読む事を辞めてしまう事にもなり、読み手に取って面白く何ともない状態を引き起こしています。

また一つの記事が面白くないというだけで、その記事を掲載している本や雑誌など、まったく売れなくなってしまい評判を落とすきっかけとなってしまう事にも繋がって行くのです。
逆に、誰にでも解りやすく、堅苦しい素材の内容であっても、記事自体を面白く伝えられれば、続きを読んでみたいと思ったり、次回も買って見ようと思う気持ちにもなりうるのです。

書き方次第では短命の記事に

ライターの仕事は記事が命と言っても過言では無いのです。
また記事の書き方次第で、売り上げが倍増して行く事に繋がる可能性も高いので、いい加減な書き方や、手抜きをしてた説明などをしていると、誰にも相手にされなくなってしまい、売り上げも下がってしまい業績不振ににも繋がってしまうのです。

読み手の事をしっかりと考えていれば、間違いなく好かれるような記事が書けるのです。

編集部 担当デスク A