ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

ライター業の平均お給料はいくら?

前のページへ戻る

今月の給料を計算してにやけちゃう女性ライター

平均的な給料と内容

ライター業といっても、様々な働き方がありますが、平均的なライターの給料としては、20代で約15万円、30代で約20万円、40代で約30万円で、平均給料は21万円ほどとなっています。

ライターの仕事内容としては、非常に多岐にわたります。しかしすべてに共通して言えることとしては、だれかのためになる文章、誰かに感情を抱かせるための文書を書くという点が挙げられます。
もとから存在する文章をまとめるだけの仕事もありますが。基本的には誰かのために文章を書くことを重点に置いているといえるでしょう。

ライター検定がある

ライターになるためには特に必要となる資格はありません。しかし能力の高さを測るために検定が存在しています。
この検定には3級から1級までがあり、3級は仕事をするための最低限のスキル、1級は高度な仕事もできるということを指しています。これらの検定を持っていることで、就職に関しては多少有利になるでしょう。
フリーランスの場合には、検定を持っていることで契約が少しは取りやすくなるでしょう。
自分の現在のスキルがどれくらいなのかを知るためにも、検定を受けてみるのもよいでしょう。

アルバイトやフリーランスは?

この業界では、アルバイトを雇うことは珍しいといえます。しかし時給はどこの地域や会社であっても、ある程度統一されています。どの求人を見てもアルバイトとしての時給は、約1000円前後です。アルバイトよりも派遣の方が求人数は多く、時給も1500円ほどが相場となります。

フリーランスの場合には、月契約ではなく案件ごとの契約であることが多いでしょう。
この場合の平均収入は300万円台といわれています。

紙 or ウェブ?

また紙を利用するのか、ウェブを利用するのかのどちらを選ぶかによっても収入は変わってくるでしょう。一般的にはが高い報酬を得ることができるといわれています。

紙を利用する場合には、紙面に盛り込める文章のボリュームの制限があります。
決められた範囲内で、伝えたいことや読者の知りたいことをバランスよく表現することが大切になります。
そのため、ある程度専門的なテクニックがある人に依頼するケースが多いので、紙を利用した場合には報酬が高い傾向にあります。また紙を利用する場合でも、パンフレットなのか、雑誌なのかその種類によっても相場を異なります。
基本的には一件数千円を、数記事まとめて十万円単位で契約することが多く見られます。
ウェブライターでも経験を積み、知名度がある場合には、平均値よりも高くなることもあるでしょう。