ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

ライターの仕事の種類!人気のライター業につくためには?

前のページへ戻る

実績ある記事の中でヒントをつかみ書き留める人気女性ライター

在宅ワークとして

最近は待機児童の問題がニュースで取り沙汰されて久しいですが、保育園などを確保できず家を離れられない母親でもできる仕事があることをご存知でしょうか。それはずばり、在宅ワークの一つとして人気が高まりつつあるライターという仕事です。ライターと聞くと雑誌や新聞、テレビの取材クルーなどが行う仕事のように感じられますが、インターネットが発達した近年ではごく一般の人々でも様々な記事を執筆するチャンスが用意されているのです。

ライティングの種類で分けると・・・

ライティングの種類としては、雑誌や新聞に記載されるようなジャーナリストに近い仕事をこなすルポ系、ホームページや広告などのキャッチコピーを考えるコピー系、レストランやカフェなどに出向いて食事をして、その内容やシェフへの取材内容を執筆するグルメ系など様々なものがあります。また、最近ではブログやSNS、インターネット上のコラムなどにアップする記事を担当するWebライターなども普及しつつあります。

中でも気軽にチャレンジできるのがWebライターで、ライティングサイトに登録して自分の好きな案件の記事を執筆すれば所定の報酬を受け取ることができます。他の種類は求人を出している企業に応募して採用されなければ仕事を始めることができませんが、Webの場合は既に提供されている案件の中から好きなものを選んで投稿すれば良いので、面倒な就職活動を行う必要がありません。

その質によって報酬も変わる

中にはもっと正式な形で契約を交わし、質の高いライティングを求められることもありますが、クライアントによってどのようなスタイルで記事を納品するかは異なります。応募と採用を経た正式な雇用関係に近い案件の場合は、報酬も高単価だったり継続して仕事を貰えることも多いですが、その分記事の品質などハードルが高くなります。
一方、ライティングサイトが提供する案件の中から自由に選ぶスタイルの場合、報酬単価は低いもののルールも優しく、採用率も高いなど気軽に挑戦することができます。
納期が長期間にわたることもなく、その場限りで仕事を終えることができるので、仕事に費やせる時間がはっきりしない子育て中の母親でも安心して取り組めるというメリットがあります。

働き方から仕事を選ぶ

このように、ひと口にライターと言ってもその種類は様々です。自分がどういったジャンルで活躍したいのか、報酬を重視するのか時間を自由に使える方を重視するのかなど、希望する働き方も考えた上で仕事を選ぶようにしましょう。