ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

ライターのインターンの情報で安心仕事探しのコツ

前のページへ戻る

公園でライターの仕事をタブレットで探す女性ライター

最近は、ブログやホームページをありとあらゆる企業や個人が利用しており、文章や内容などの作成をアウトソースするケースが増えています。その際に活躍するのがライターであり、さまざまな業態の文章を書くことができる人は、いろいろなところで求められています。

ライター職は種類が非常に多く、仕事内容がきちんと理解されていないことがケースがあります。今回は、ライターのインターン情報で安心して仕事探しをするコツについて、ご説明します。

文章の種類=取材して書く=

書く対象が何かによって、インターンの情報が変わってくるため、どのような種類の文章を書くかをある程度固めておくことが、ポイントになります。

さまざまな場所に足を運んで取材を行い、会った人から収集した情報によって原稿を書いていくことを取材ライティングと呼びます。以前は、新聞記者やテレビ局員などが行っていましたが、最近は取材ライティングにアウトソースしているメディアが増えており、需要が増している仕事です。

取材ライティングでは、情報を取りに行く場所がポイントになりますので、インターンの仕事を探す場合には、どのようなところに取材に行くのかをきちんと確認しておく必要があります。治安が不安定なところや公序良俗に反するような取材場所に行かなければならないような仕事は、避けるようにしなければなりません。

文章の種類=専門分野で書く=

自分が得意としている分野を中心にライティングする専門ライターの仕事が、情報サイトなどに掲載されていることがあります。飲食や美容などは多くの人が関心を持っており、需要も大きくなっています。専門ライティングについて、インターン情報を探す場合、自分が持っている専門性をニッチにいかせそうなところを狙うことがポイントになります。

専門ライティングの場合、得意分野がある程度固まっている傾向にあり、食べ物やコスメ、エステなどの情報は多くの人がライティングすることができます。他の人ができなさそうな分野で、あまり注目されていないニッチなところをライティングできる方が、差別化できる可能性が高くなります。

文章の種類=社会問題で書く=

社会が抱えている問題や課題などを取材して、記事を書き上げるルポライティングもニーズがあります。インターネットニュースなどでルポ記事を見かけることがありますが、これらの多くはルポライターによって執筆されています。

自分にしか書けないものが武器

専門性の高い分野で自分にしか書けないようなものを持っていれば、インターンとして仕事を見つけられる可能性が高くなります。