ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

ライターの仕事を多く扱うクラウドワークスとは?

前のページへ戻る

湖畔でPCを持ちクラウドソーシングで仕事をするフリーランスの男性

気軽に始められるWEBライタ-

ライターになるのに、医師や看護師のような国家資格は必要ありません。そのため誰でもなることができ、気軽に始めることができる仕事でもあります。
WEB上や、新聞、雑誌、タウン誌において文章を書いていきますが、新聞や雑誌、タウン誌の場合は仕事を得るのに面接などを行っているため初めから文章力などが求められています。
WEBの場合は、文章を書くことに慣れることからスタートすることができるので、書けば書くほど自分の文章力もあがり、実績を積むこともできます。気軽に始められるのはWEBライターであるので、専門のサイトに登録をしてみると良いでしょう。

クラウドワークスが扱う仕事

ライターが多く集まるサイトであるクラウドワークスは、WEBデザインや翻訳、データー作成、ネーミング、ライティング、アプリの開発、調査など様々な分野を扱っています。タスクや経験不問と呼ばれる気軽に開始できる仕事もあれば、コンペ形式、応募して合格する形式、プロ向けのものなどがあります。実績を積めば積むほど応募に通りやすくなり、仕事を得ることができます。

経験を積んでいく

ライターとして仕事を得るには、タスクから始めより多くの文章を納品すると良いでしょう。自分のページには、どのくらいの仕事数なのかその仕事に対しての評価はどのくらいなのかが表示されています。
評価が高いと応募先の依頼主の印象も高くなるので、より仕事を得やすくなります。また、その仕事が終わってもさらに依頼されることもあるので、一つ一つの仕事を丁寧にスピーディーに行うことが大切となります。

仕事のサポートも

クラウドワークスでは、初めて文章を書く人向けにセミナーも開催されています。依頼主とのやり取りもスムーズにいくように設定されているので、初めてでも戸惑うことがありません。
順を追って作業をしていくことができるので、本当にこれで良いのか悩むことが少ないです。また、依頼主からもこうしてほしい、この文章の意味はどういったことか、など頻繁にやり取りをすることもできるので、文章のスキルアップも図ることができます。そのため、ただ文章を書くだけでなく、ライターとして仕事ができるようサポートをしている企業であるといえます。

自分をアピールして仕事をゲット

クラウドワークスでは自己紹介欄もあり、その紹介欄を見てスカウトがくることもあります。実績を積むことだけでなく、いかに自分をアピールできるかがWEB上では大切になるので、自己紹介欄にも注目し、きちんと書き上げることが大切となります。