ライター経歴で就職率up?競争率の高いライターの仕事

前のページへ戻る

パソコンを使って高報酬で仕事する女性ライターの手

やり方次第で報酬もアップ

インターネットの普及により、ひと昔前では考えられなかったような仕事も増えてきています。
その中でも小さな子供を育てているなど、長時間外に働きに出かけられない母親を中心に人気を集めているのが、家にいながら仕事ができるWebライターという仕事です。

ライターとは、その名の通り様々なテーマに沿ってコラムや説明、体験談などを文章にまとめて納品する仕事で、特別な資格などが無くても誰でも気軽に挑戦できます。
最近は在宅ライターを募集するインターネットサイトも数多く存在しており、自分の頑張りしだいでは毎月5万円以上を稼ぐことも可能です。

高い報酬に見合う経験と能力を求められる

このように手軽である程度の収入を得られるため、当然人気は非常に高くなっています。
特別な取材や資格が無くてもできる内容だと特に応募が殺到し、なかなか単価の高い仕事にありつけないこともあります。

ライターは1文字当たりの単価を見ることで割の良い仕事かそうでないかが分かるのですが、単価の高い仕事は記事の内容に高い品質を求められたり、難しい条件をクリアしなければならないものもあります。
一般の人には難しく感じることもあるでしょうが、過去にライターの経歴を持っている人であればそういった高難度の仕事を優先的に回してもらえるケースが多いです。

当然ですが、文章力や記事の構成などはある程度仕事の経験を積まなければ磨くことができません。
この点、ある程度の経歴を持っている人であれば質の高い記事を提供してくれる可能性が高いと判断されるため、経歴が無い人と比べると記事の採用率や就職率がアップすることが多いと言えます。

経験を積んでいくこと

クライアントが納得できる良質な仕事をすれば、その後も継続的に高単価の仕事を依頼されることもあります。
何度も専属に近い形で依頼を受けていると、徐々に報酬額をアップさせてくれるクライアントがほとんどなので、仕事を続けるモチベーションにもなります。

自分の能力や頑張りしだいでは外に働きに出るのと同じくらいの収入を得ることもできるので、できるだけ経歴を積んでいくことが重要となります。

経歴と言ってもどこかの出版社で正式に記事を担当していたといったハードルの高いものではなく、単純にネットのライティングサイトなどで一定年数以上継続して仕事をしていることや、どの程度の報酬を受け取ってきたかを証明するなど簡単な内容でも認めてもらえることもあります。

過去に経験がある場合は単価がアップする可能性もあるので、積極的にアピールしてみましょう。

編集部 担当デスク C