クライアントと良い関係を築こう!付き合い方のコツ

前のページへ戻る

手書きで記事を書くライターの手

ライターとして安定収入を得るために必要な事とは

WEBライターとして安定した収入を得るためには、「長期契約可能なクライアントを見つけること」が必須条件です。フリーランスであれば、働き方は1つに限定されません。

特に、ここ数年は「クラウドソーシング」というサービスが普及しているので、何の知識も経験もない人でも簡単にフリーランスとして働き始めることができます。そもそも、WEBライターになるためには特別な資格はいらないので、誰でもその日からなることができます。

しかし、フリーランスになって稼ぐことができるかどうかは別の話です。フリーランスになることは簡単ですが、その環境でしっかりと稼ぐことは簡単ではありません。

例え、クラウドソーシングを利用したとしても、ある程度の経験がある人でなければ、初月は数千円しか稼ぐことができないという結果も珍しくはありません。

クラウドソーシングには2つの方法がある

クラウドソーシングには、「プロジェクト方式」「タスク形式」という2つの方法があります。他にも、「コンペ方式」などもありますが、例外的な存在といえるのでここでは省略して紹介します。プロジェクト方式とは、「クライアントと契約をして働く方法」です。

これに対し、タスク形式は、「不特定多数に公開されている依頼に応募する形で働く方法」です。

プロジェクト方式の場合、事前に契約期間や契約内容などについてしっかりとした契約が行われます。

作成する記事の内容、コンセプト、文字数、文字単価もしくは記事単価、納品数、納期、契約期間といったことを明確にしたうえで作業に当たれるので、安定した収入が期待できます。

タスク方式の場合、誰でも自由に挑戦することができますが、その代わりに作成したコンテンツが必ず承認される(報酬を得られる)とは限りません。

クライアントが求める内容であれば承認となり報酬を得ることができますが、非承認となった場合はその時点で終了してしまいます。もし、誤字や脱字などの簡単な理由で非承認となってしまった場合でも、その結果を変えることはできません。

プロジェクト形式で仕事をする際はクライアントと適切な関係を築こう

気軽にできる反面、安定感も効率も悪いタスク方式で働くよりも、プロジェクト方式の方が明らかにメリットがあります。「適当な付き合いをしなければいけない」という面倒はあるにせよ、安定した生活を構築するためには必須といえる存在です。

その為、クライアントと適切な関係を築くことは非常に重要です。

といっても、何か特別なことをしなければいけないというわけではありません。挨拶をする、納期を守る、言葉遣いに気を付けるなどの最低限のビジネスマナー、礼儀を意識すれば十分です。

編集部 担当デスク A