家庭と仕事を両立したい!在宅でWEBライティング

前のページへ戻る

パソコンを使って在宅ワークでWEBライティングの仕事をする女性

ライターは自宅でできる副業としてオススメ

家事や育児など、家庭生活を優先させると職場で今まで通りに勤務することが難しくなります。
しかし、ある程度の収入は確保したいと考えているときは、自宅でできる副業を行うことで解決します。

自宅でできる副業は翻訳業やトレーディングなど複数ありますが、こういった仕事は専門技術が必要であり一朝一夕で身に付くものではありません。そこでおすすめなのがライターとして仕事をすることです。
普段から読書をしたり文章を書いている人であれば誰でも始めることができ、自分の努力次第で収入額も上がります。

仕事はクラウドソーシングで

一般的にライターというと出版社から仕事をもらい、記事を書いて入稿するというイメージがありますが、副業に向いているのはWEBライティングです。インターネットのライティングサイトに会員登録して、そのサイトに依頼されている案件を選んで記事を書くのです。

これはクラウドソーシングとも呼ばれていて、個人が収入を得る手段としてメジャーになっています。
クラウドソーシングにはライティングの他にプログラミングや写真撮影などがありますが、最も手軽なのはやはりライティングなのです。

WEBライティングのメリットとは

WEBライティングは案件がある限り24時間行うことが可能です。そのため、家事や育児が一段落した時間帯にライティングサイトにログインし、自分が書ける案件を見つけて投稿するのです。報酬は案件によって異なりますが、1000文字の記事で250円程度が一般的です。

既に知識があるジャンルで慣れてくれば1000文字の記事を20分程度で書き上げることが出来るようになるため、時給900円前後の副業になるのです。
もちろん常に自分が書ける案件が用意されているとは限りませんが、WEBライティングを続けていくうちに知識の幅が広がり、様々なジャンルの記事を書けるようになります。

私も自宅でWEBライティングを行い、家庭と仕事を両立しています。朝食を作って主人を会社に送り出してから午前中のうちに洗濯をはじめとする家事を終わらせ、午後からWEBライティングに取り組んでいます。

これまでライターとして働いた経験がなく、まだ書けるジャンルが少ないため時給換算すると400円程度ですが、その分休む時間も多くゆとりを持ってライティングが出来ています。そして、18時になったら切り上げて夕食の準備を始めるのです。
時給400円程度でも、毎日続ければ月額にして十分な金額の副収入になるため助かっています。

編集部 担当デスクB