ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

ライター必見!読み手が求めるWEBコンテンツ

前のページへ戻る

良いコンテンツにするために記事整理をするノートに書込む女性の手

本物のWEBライターにはコンテンツの質が求められる

WEBライターという仕事に求められることは、「見る人にとって価値のあるコンテンツを提供すること」です。

いわゆる「ブロガー」「アフィリエイター」などと呼ばれる人たちから見れば、適当なコンテンツを作っていても収入を上げる仕組みがあるので、コンテンツの質は二の次三の次という考えもまかり通ります。

しかし、自身が作成したコンテンツの質によってのみ報酬を得る「本物のWEBライター」は、コンテンツの質以上に重要なものはありません。

ニーズに合った内容を読みやすい文章で

では、具体的にどのようなコンテンツが高品質と言われるのかですが、それは「読み手に取って価値のあるコンテンツ」に他なりません。

例えば、カードローンの申し込みをする上での注意点を知りたい人は、「具体的なカードローン申し込みの流れ」「状況に応じた最適な選択基準」「銀行系と消費者金融系の違い」などに興味があります。

そのニーズに対し、「カードローンを利用して海外旅行に行くと楽しい」などを説いても仕方がありません。

また、最適なテーマでコンテンツを作成したとしても、その内容が意味不明なものなら結果は同じです。

カードローンの申し込みの際に感じる不安や不満はどのようなものなのかを推測し、時には実態を調査するなどしてニーズを把握し、そのニーズに合ったコンテンツを作成することが重要です。

しかも、十分に価値のあるコンテンツを「読みやすい文章で書く」ということが求められます。

読み手の設定が文章構成では重要になる

コンテンツを作成する際に意識するポイントは、「誰が読むのか」「何を読ませるのか」「何を伝えたいのか」です。まず、コンテンツを作成する上で最も重要な骨子になる部分が読み手の設定です。

前述した例に寄せれば、カードローンを利用する人の年代、性別、おかれている状況などを前提条件として仮定します。例えば、「20代で初めてカードローンを利用する人」「すでに申し込み経験があるが契約できていない人」などです。

読み手を広く設定するコンテンツの作成方法もありますが、その場合は定義する事実の幅が非常にひろくなってしまいます。
その結果、コンテンツのクオリティが薄れてしまう可能性もあるので、ある程度は限定したニーズに特化するコンテンツを作成した方が無難です。

主となる顧客像、期待する結果を明確に設定するだけでも、読み手が求めるコンテンツを作成する難易度は下がります。後は、事実に基づいた情報や「オリジナリティ溢れる視点」を分かりやすく、正確に伝えることが大切です。