ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

客観視できていますか?文章の見直しの際に心がけること

前のページへ戻る

客観的に見直しを考える女性ライター

誰にも見てもらえないコンテンツは意味がない

WEBライターとして評価されるためには、【とにかく良質なコンテンツを作成すること】が必要です。

クライアントが求めているコンテンツのコンセプトで作成され、必要な内容を網羅していることはもちろんですが、いくら要求に見合った内容が含まれているコンテンツを作り上げたとしても、【そのコンテンツが見づらく、誰にも見てもらえないものでは無意味】です。

どれほど良質なコンテンツを作成したとしても、それは(意図する)顧客から評価されることで初めて価値を持ちます。せっかく良質なコンテンツであっても、誰も見てもらえない、誰の目にも触れないようなものでは意味がありません。

要するに、【評価されるコンテンツをいかに作成できるのかがWEBライターとしての価値を決める要因】になります。

できる限り端的で分かりやすい表現を心掛けよう

例えば、「これは『ペン』と言われる文房具で、ノートなどに文字を書くことができるものです。」という文を書いてしまうと、非常に見づらく分かりにくい文だと評価されてしまいます。
この文であれば、「これは『ペン』です。文字を書くための道具(文房具)です。」と書くだけでも意味が通じます。

この文が、いかなる状況でも普遍的に評価されるかどうかは別問題として、「どちらが端的で分かりやすい文章なのか」を考えることが大切です。

もちろん、どちらの文章も「ペン」とは何かを説明していますが、表現方法に違いがあります。できる限り端的で分かりやすい表現を心掛けることは、WEBライターとしてコンテンツを作成する上で非常に大切です。

知識が無い人が読んでも理解できるかがポイント

何かを文字で説明することは簡単ではありません。
目の前にリンゴがある状態で、「これはリンゴです」と文字で説明することは難しくありません。リンゴがどういうものなのかを知っている人に対して、「リンゴは赤いです」と文字で説明することも珍しくありません。

しかし、【リンゴを知らない人】に説明する場合は、「これはリンゴです。リンゴは赤いです」とだけ説明しても、具体的なビジュアルを想像することはおおよそ不可能です。

このような場合は、大きさ、形状、触感、食感、味、色などの要素を具体的に説明し、できる限り「ビジュアルを想像するサポート」をすることが大切で、どういった言葉、表現で説明をするのかを考える必要があります。

文章を見直す際には、「読み手にとって分かりやすいかどうか」を最優先することが大切です。
自分が書きたいことが書けているのかではなく、「知識0の人が読んでも理解できるのか」を検討しましょう。