ライター業、プロとアマの違い

前のページへ戻る

プロの女性ライター

ライターにおけるプロとアマの違いとは

ライターのお仕事では、プロの方とアマの方がいますが、違いとしては、プロの方は記事の作成をして稼いだお金で生活をしている方のことを言います。

アマとしては、初心者の方や、副業で記事を書いている方などのことを言います。他の職業でもプロとアマの方がいますが、そちらも同様になります。

記事報酬や文章のクオリティにも違いがある

記事の報酬にも違いがあり、アマの方ですと、クラウドソーシングサイトのタスク案件や、キュレーションサイトの執筆などで活動するため、相場としては、一文字0.3円から0.5円ほどになります。

プロの方の多くは、クライアントと契約されている方が多いので、相場としては一文字1円から20円とかなり差が出てきます。

新聞の記事やニュースの記事、専門的な記事の場合は比較的相場が高くなる傾向があるようです。

プロとアマでは、文章のクオリティにも差が出ていきます。
プロの方は作成した記事を見直すことにも時間をかけて、誤字脱字や文章の間違いをチェックしていきます。

読み手のことをしっかりと考えて文章を作成するため、誰にでもわかりやす文章を書いている方が多いです。

一方アマの方は、記事を作成すること中心に考えるため、見直しの時間をそこまで費やすという方は少ないでしょう。
中には一切見直しをしないで記事を納品するため、誤字脱字が目立つ場合もあります。

アマの方は、文章能力をアップさせるためにも見直しを行ったほうが良いでしょう。記事を作成する際には、知識がない方でも理解しやすい文章を心がけるようにしていきます。

プロのライターになるためには実績を作ろう

プロのライターになりたいという方は、クラウドソーシングサイトを利用して実績を作ることから始めていきます。

記事作成の報酬のみで生活していくためには、継続的に仕事がもらえるクライアントと契約する必要があるので、まずは記事作成の募集をしているクライアントの方を見つけるようにしましょう。

クライアントと契約することによって、働き方や作法が身についてきます。クラウドソーシングでは、単体の記事の案件を扱っているサイトもあるので、クライアントと契約できるサイトを利用するようにしましょう。

クラウドソーシングを利用する以外にも、有名なサイトで記事を書くことで、ライターとしての信頼度を上げることもでき、自分を売り出すこともできます。

クライアントと契約する時にも、自分の書いた記事が掲載されているサイトを教えることによって、契約がしやすくなります。それらの活動を行いながら、自分の文章スキルをアップさせていくようにしましょう。

編集部 担当デスク A