ライターズスクールは今からライターを目指す方、既にライターとしてご活躍されている方へ、お得な情報をお届けするメディアサイトです。

共感って大事。人を動かす文章の書き方

前のページへ戻る

カメラで写そうとしたら共感して笑ってしまった女性

共感する文章の書き方とは

文章には、人の心を動かして共感させる書き方をすることで、読んでいる方からも親近感を抱きやすく読みやすい文章になります。

ライターの方は、クライアントに記事を納品しますが、クライアントの方も共感する文章を望んでいることが多いので、そちらの文章の書き方について把握したほうが良いでしょう。

共感する記事の書き方としては、まずは読み手の目線になって、読んでいる方の気持ちになって文章を書いていくことです。

記事を書くために情報収集をしますが、そちらの情報だけを書いたり、情報に惑わされてしまうのではなく、自分の経験や、経験したと想定して文章を書いていくようにしましょう。

頭の中で想定するよりも、実際に経験をしたほうがより親近感を覚える文章となります。経験したことがない記事を書くという場合は、経験したことのある方の意見が書かれてあるサイトを閲覧することで、その方の感情や想いを理解することができます。
調べ方としては、ヤフー知恵袋やSNSを活用すると良いでしょう。

商品の記事を書くという場合は、実際に商品を使用した方の口コミなどを参考にして情報を集めるようにしていきましょう。

文章の演出を意識して記事を書いていこう

次に文章の表現力となり、様々な感情を演出させなければなりません。文章を演出させるための演技ですが、こちらは意識して書いていき、書き続けることで上達していくものとなります。

記事を書く時には、文章を演出させるという意識を持って書くことを心がけましょう。

文章の語尾の使い方によっても、記事の印象が変わるため、使用する語尾は記事を作成する前に決めるようにします。

共感させる文章にするためには、感情を押し付ける、強調する言葉は控えるようにしていきます。
初心者のライターの方にありがちなミスですが、強く主張しすぎてしまうと、親近感を抱きづらく、逆に疑念を抱かせてしまうこともあります。

客観的に書くことが共感できる文章になる

他にも、初心者の方が気を付けることは、共感を得るために自分の感情を書きすぎてしまい、記事の内容からぶれてしまうということもあります。

体験談となってしまわないように、客観的に書いていくようにします。客観的に書いていくことによって、様々な角度から物事を見ることができるため、共感できる文章になりやすくなります。

客観的に書くのと、しっかりと情報が書かれているように、具体的な文章にするようにしましょう。

具体的に、どう思うか、どう考えるのか、どう実行するのかを追及して記事を書いていくと、より共感できる記事となります。