不特定多数の人に見られるからこそ、表現方法に気をつけよう

前のページへ戻る

くつろぎスタイルでネットを見ている女性

言葉や表現の方法は慎重に選ぼう

日本には表現の自由というものがあり、誰でも自分の意見を自由に述べ、表現することができます。
ただ、それは時に誰かを傷付けたり、怒りをかったりする可能性があるため、表現の自由はあるものの慎重に言葉や表現の方法を選ぶことも求められます。

ライターなど、不特定多数が閲覧する可能性のある文章を作成する職業の場合には、さらにそれが強く要求され、また読み手の心情や反応に対して敏感にならなくてはなりません。
では、具体的にどのような点に気を付けながら文章を作成していけばよいのか、簡単に見ていきましょう。

色々な立場の読み手を想像して文章を書いてみよう

自主的に問題提起をしたり、自ら情報収集を行ったりするライターもいますが、多くはクライアントや所属する会社の依頼を受けるなどして文章を作成することになります。

そのため、読み手に対して敏感になりながらも、依頼したクライアントや会社の要求や条件も同時に満たさなければなりません。
最初のうちはこの調整が難しく感じ、どちら片方に偏った記事が出来上がることも多いです。

慣れてくると、クライアントや会社が課した要求や条件を満たしつつ、出来るだけ多く読み手を意識した文章が作成できるようになってくるので、最初はうちは慎重になりすぎるくらいの気持ちで書くと良いでしょう。

読み手を意識した文章や表現を意識するためには、実に多くのことを考慮する必要性があります。
たとえば、何かの法案に対して賛成か反対かという記事を作成する際に、ライター自身は大いに賛成であると感じても、読み手の中には当然反対と感じる人もいます。

この時、依頼した会社やクライアントが賛成の方に偏った条件を課していない限りは、賛成に偏った記事ではなく反対意見を持つ読み手の心情も考えて文章を作成するべきです。
それにより、一部の読み手だけでなく多くの読み手が共感できたり、或いは別の意見も考えてみるきっかけになったりすることが可能となります。

ライターとして絶対やってはいけない事とは

また、絶対書いてはいけない言葉や表現として、一部の人を対象とした差別や侮辱です。

その言葉自体の説明や現状をする記事ならともかく、ライター自身が主観的に記事にすることは許されません。このルールを守らずに多くの苦情が届いたり、酷い場合には訴訟問題にも発展する可能性があります。

特に最近では、ライターが書いた記事を巡るトラブルが相次いでおり、その理由の一つとして、特定の人や場所などを差別したり侮辱したりした結果といえます。
不特定多数が閲覧する可能性があるからこそ、こうした考慮は特に必要なのであり、またそれらをしっかりと意識することで、より良い記事の作成にも繋がります。

編集部 担当デスクB