アイデアをストックしよう

前のページへ戻る

書く記事のアイディアが次々浮かぶ女性ライター

ライターとして必要なアイデアストック

ライターとして文章を書くにあたって、普段からいろいろなことに興味を抱き、アイデアをストックしておく必要があります。

日常の体験、物事や時代の流れの中で起きることに関する知識や考え、それについて、様々なアイデアで文章を書くことが要求されるでしょう。
ライターに必要なアイデアのストックの仕方について、私自身の経験と、一般的なことについてを交えながらお話します。
まず何よりも大切なことは、文章をたくさん読むことです。歴史に中で、たくさんの人があらゆる文章を書いて残しています。

世界中にある古典や歴史書など、その数は無限にあるといってもいいほどです。
私たちは生きている中で、たくさんのことを吸収し考えながら生きています。考える基本は、やはり私たちの頭脳。今まで頭にストックしてきた知識が元になります。

たくさんの文章を読むことで、知識や考えなどが積み重なり、新しいアイデアが生まれます。
本屋さんや図書館で気になる本を見つけることや、新聞や雑誌、インターネットの記事などできる限りの文章を読むことが必要です。

経験や体験、人との出会いからヒントが生まれる

経験や体験などは、新しいアイデアを生み出すことにとても大切です。日常生活はもちろん、旅行に行ったことや特別な体験など、心を動かされる出来事や感動から、人は何かを得て学んでいきます。

生きていく中で出会うあらゆる経験から、人は成長しアイデアも生まれやすくなります。

人との会話やコミュニケーションがアイデアの宝庫になります。人はそれぞれが違う考え方や性格で、違う人生を歩んでいます。

人は唯一無二で貴重な存在。

ほんの一瞬の出会いであっても、尊い経験が得られることがあります。

それをどう受け取るのは、受け取る側の感性であり感覚です。「どんな人からも学ぶことができる」と考えています。

常に文章を書いてみる事も大事

やはりライターであるからには、文章を多く書くことが勉強になります。
日記やメモなどを含めて、学んだことの記録や気持ちの整理、問題の解決など書くことがとても重要です。

私は通信教育の専門学校や大学などで、多くのことを学んでいます。
そのために、自然と書いて学ぶことが身についているのです。このことはライターとして何かを考え、アイデアを生み出すことに役に立っていると感じます。

アイデアをストックする方法について、いくつかお話しました。これについては人それぞれで、いろいろな方法があるでしょう。
自分の好きなこと、したいこと、得意なことなどを活用して、自分自身の中に積み重ねていくことが一番の方法です。

編集部 担当デスクB